マルモッタン美術館 Musee Marmottan Monet

Small French Paintings
Small French Paintings / cliff1066^(TM)
スポンサーリンク

マルモッタン美術館旅行記ブログ

A feed could not be found at http://blogsearch.google.com/blogsearch_feeds?q=%E3%83%91%E3%83%AA%E6%97%85%E8%A1%8C+%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8&hl=en&safe=active&biw=873&bih=736&output=rss

マルモッタン美術館に関するツイート/つぶやき

[twitter-feed mode=”search” term=”マルモッタン美術館”]
[twitter-feed mode=”search” term=”Musee Marmottan”]
Monet,
Monet, “Impression, Sunrise” / Joaqui’n Marti’nez Rosado

マルモッタン美術館の詳細地図

マルモッタン美術館 Musee Marmottan Monet データ

概要
マルモッタン美術館 / Muse’e Marmottan Monet は、フランス印象派の画家クロード・モネの世界最大級のコレクションを誇る美術館として知られています。印象派の由来となったモネの代表作『印象・日の出』も所蔵しています。美術史家・収集家のポール・マルモッタン(1856~1932年)のコレクションをもとにしており、彼の死後、美術コレクションはアカデミー・デ・ボザールに寄贈され、1934年から美術館として公開されています。
当初は、ナポレオンの時代に流行した絵画様式である新古典主義の絵画と、アンピール様式の調度品が主でしたが、1957年モネの医者であったジョルジュ・ド・ベリオの収集品が寄贈され、さらに1966年にモネの次男ミシェル・モネより、モネの作品が多数寄贈され、カイユボット、ドガ、マネ、ピサロ、シスレー、ルノワールなど他の印象派画家たちの作品コレクションも含めて印象派絵画の殿堂となった経緯があります。
インフォメーション・センターでは、マルモッタン美術館のアルバムガイドがフランス語と英語の2種ある他、同館開催の「カミーユ・クローデル」展図録も閲覧できます。また、マルモッタン美術館のすぐ近くにあるラネラー庭園 / Jardin du Ranelagh も人気のスポットです。
住所
2 rue Louis Boilly 75016
交通アクセス
メトロ9番線のラ・ミュエット/La Muette駅下車、徒歩約10分(駅からは多少、離れています)。
Tel
01 44 96 50 33
料金
大人料金:9.00ユーロ、
パリ・ミュージアム・パスの利用可
開館時間
1月2日~12月31日の10時~18時、火曜日のみ21時まで。窓口は閉館の30分前まで。
休館日
月曜
公式オフィシャル・サイト
Musée Marmottan Monet
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク