シネマテーク・フランセーズ / Cinematheque Francaise

スポンサーリンク

映画の聖地、シネマテーク・フランセーズ

映画遺産の保存、修復、配給を目的とした私立文化施設で、4万本以上の映画作品、映画に関する資料、物品を所有している映画博物館です。

1935年に古い映画の上映プリントの収集をしていたアンリ・ラングロワとジョルジュ・フランジュが、セルクル・デュ・シネマ(Cercle du cinema)というシネクラブを作ったのが始まり。

1936年9月2日、ポール=オーギュスト・アルレの財政的支援で、ラングロワ指揮の下、シネマテーク・フランセーズが設立。フィルムのみならず、カメラ、ポスター、出版物、衣装、装飾、セットなど、映画に関するあらゆる物品の収集も始まります。

シネマテーク・フランセーズに通った者から、フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、ジャック・リヴェット、エリック・ロメール、シュザンヌ・シフマンなど、数々の伝説的な映画監督が登場しています。

2005年2月、多くの映画愛好家たちに惜しまれつつ閉館しましたが、2005年9月28日ベルシー公園の隣りに、建築家フランク・ゲーリー設計の旧アメリカンセンター跡の建物に、最新の設備を備えて再び開館しています。

最新設備を誇る 4つの上映ホールがあり(オープン時間 12:00~19:00(木曜は22:00、日曜は20:00まで)、それぞれ特集上映を行っています。

また、映画をテーマにした常設展示「Passion Cinema」では、世界で最初の映画コレクター、イギリス人 Will Day による 1900年~1936年にかけてのコレクション、シネマテーク創設者アンリ・ラングロワおよびロッテ・アイズナー、メリー・メールソンの3名のコレクション、国立映画センターによるコレクションを、随時、入れ替わり展示しています。

シネマテークと隣り合わせの建物には、フィルムライブラリー( BiFi )があり、図書室、画像資料室、研究者のための専用スペースがあります。

Cinematheque Through the Trees
Cinematheque Through the Trees / Ewan-M
cinematheque Francaise, quartier de Bercy (PARIS,FR75)
cinematheque Francaise, quartier de Bercy (PARIS,FR75) / jean-louis zimmermann
Original production still from Metropolis at the Cinematheque Francaise in Paris
Original production still from Metropolis at the Cinematheque Francaise in Paris / Caspy2003

シネマテーク・フランセーズの概要

正式名称
シネマテーク・フランセーズ / Cinematheque Francaise
住所
51, Rue de Bercy 75012 Paris
交通アクセス
メトロ6・14号線のベルシー(Bercy)駅下車、徒歩約5分。
Tel
01 71 19 33 33
開館営業時間
月・水・金・土曜:12:00~19:00。木曜:12:00~22:00。日曜:10:00~20:00
休業日
火曜、8月第3週
公式オフィシャル・サイト
la Cinematheque Francaise フランス語

シネマテーク・フランセーズの詳細地図

最新!シネマテーク・フランセーズ ギャラリー

Cinematheque Francaise
Cinematheque Francaise / Lauren Manning
Cinematheque Francaise within Bercy ParkLa Cinematheque FrancaiseEntrance of La Cinematheque Francaise within Parc de BercyFront of La Cinematheque Francaise

シネマテーク・フランセーズ旅行記ブログ

A feed could not be found at http://www.google.com/blogsearch_feeds?q=パリ+シネマテーク+-なう!&hl=ja&lr=lang_ja&biw=914&bih=696&num=10&output=rss

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク