クリュニー中世美術館 / Musée de Cluny / Musée National du Moyen Age

スポンサーリンク

クリュニー中世美術館 on ツイッター / Twitter

  • [ltt]中世美術館[/ltt]
  • [ltt]Middle Ages Museum[/ltt]
  • [ltt]Musée de Cluny[/ltt]
  • [ltt]Musée National du Moyen Age[/ltt]

クリュニー中世美術館旅行記ブログ

A feed could not be found at http://www.google.com/search?q=%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%BC%E4%B8%AD%E4%B8%96%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%98+-%E3%81%AA%E3%81%86%EF%BC%81&hl=ja&lr=&tbm=blg&num=10&output=rss

Musée de Cluny
Musée de Cluny / Olivier Bruchez

クリュニー中世美術館 / Musée National du Moyen Age 概要

見所 ポイント
カルチェ・ラタンの中心にあるクリュニー中世美術館は、5世紀から15世紀までの中世時代の美術作品--絵画、彫刻、陶器など中世美術の数々を展示した美術館です。
クリュニー中世美術館の敷地部分は、もともと1世紀頃ローマ時代の公共浴場となっていた場所で、今でも遺跡として保存され一部展示室でも公開されています。その後15世紀末、この公共浴場跡にブルゴーニュの修道士の邸宅が建てられました。この建物が1843年、美術館として生まれ変わっています。
Exposition
Exposition “Le bain et le miroir” (Musée de Cluny, Paris) / dalbera
クリュニー美術館は、5世紀から15世紀にかけての中世時代の美術作品が約24000点が所蔵。中世は、5世紀のローマ時代、5~10世紀の中世初期、11~12世紀のロマネスク時代、そして12~15世紀のゴシック時代とに細かく分けられますが、それぞれの時代の特徴と変遷を美術品を通して把握することができます。
2フロアで構成された美術館には、合計24もの展示室があります。1階にはローマ時代の公共浴場と中世時代の教会に使われた彫刻や建築が展示されています。2階には、絵画、彫刻、タピスリー(織物)、工芸品、ステンドグラス、聖書などが展示されています。
Musée de Cluny
Musée de Cluny / Olivier Bruchez
中でも最大の見どころは、2階奥の一室に展示されている『貴婦人と一角獣(ユニコーン)』という6枚の連作タピスリー作品です。1882年に地方の城で発見されたもので、6枚のタピスリーはそれぞれ味覚、聴覚、視覚、嗅覚、触覚の五感、そして欲望を表現しており、想像上の動物である一角獣(ユニコーン)と貴婦人を中心に構成されています。日本語の作品解説も置いてあります。
Les rois de Judée
Les rois de Judée / La case photo de Got
美術館併設の庭園に出てみれば、緑が豊富に生い茂った空間が広がっています。なお、ローマ時代の公共浴場跡はサンミッシェル大通り側にあり、外側からの見学のみとなります。
Le goût
Le goût / La case photo de Got
住所
6, place Paul-Painlevé, 75005 Paris
交通アクセス
メトロ10号線のクリュニー・ラ・ソルボンヌ / Cluny‐La Sorbonne駅下車。徒歩約2分。
Tel
01 53 73 78 16
料金
8ユーロ、18歳未満および毎月第一日曜日は無料
パリ・ミュージアム・パリの利用可
開館時間
9:15~17:45
休業日
火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
公式オフィシャル・サイト
Musée de Cluny – Musée national du Moyen Age フランス語、英語、スペイン語

クリュニー中世美術館の詳細地図

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク