オランジュリー美術館 / Musee de l’Orangerie

スポンサーリンク

オランジュリー美術館 on ツイッター / Twitter

  • [ltt]オランジュリー美術館[/ltt]
  • [ltt]Orangerie museum[/ltt]
  • [ltt]Musee de l’Orangerie[/ltt]

オランジュリー美術館 旅行記ブログ

A feed could not be found at http://www.google.com/search?q=%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8+%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%98+-%E3%81%AA%E3%81%86%EF%BC%81&hl=en&output=rss&ie=UTF-8&source=lnt&tbs=qdr:y&sa=X&ved=0ahUKEwiNnuOeudDUAhUHwbwKHezrAUQQpwUIDw

090921 Paris 26
090921 Paris 26 / joevare
DSCF1691
DSCF1691 / photokitty07
IMG_1383
IMG_1383 / ChodHound

オランジュリー美術館 / Musee de l’Orangerie 概要

見所 ポイント
チュルリー公園内にある印象派・ポスト印象派の美術館、オランジュリー美術館 / Musee de l’Orangerie は、2006年5月17日にリニューアルオープン。自然光を巧みに採り入れたため、モネの名画「睡蓮」も、天井からの自然光が溢れた展示室で鑑賞することができます!
美術館に入ると、正面に「Nymphéas(ナンフェア:睡蓮)」という文字。あの有名なモネの大作が展示されている部屋へと導きます。「Nymphéas(ナンフェア:睡蓮)」は、2つの大広間に4作ずつ、計8作品が展示されています。天井から溢れる自然光のもと、ゆっくりと鑑賞できます。
地下に降りると、美術収集家・ジャン・ヴァルテールとポール・ギヨームがフランスに寄付したコレクションが展示されています。この地下の展示室も、自然光を取り入れた設計になっおり、ルノワール、セザンヌ、ピカソ、あるいは、シスレー、ゴーギャンなど、印象派、フォーヴィスム、キュビスム、パリ派に至るまでの芸術作品を鑑賞できます。
嬉しいことに、日本語のオーディオガイドも用意されています。また、地下展示室に降りる途中にあるショップには、印象派を中心とした美術関連の書籍が取り揃えられています。
住所
Jardin des Tuileries 75001 Paris
交通アクセス
メトロ1・8・12号線のコンコルド/ Concorde駅下車、徒歩約3分。
Tel
01 44 77 80 07
料金
一般7.5ユーロ、割引料金5ユーロ。毎月第一日曜は無料です。
パリ・ミュージアム・パリの利用可
開館時間
月、水~日曜日:12:30~19:00(金曜日は21:00まで) 団体(要予約)は9:00~12:30
休業日
火曜日、5月1日、12月25日
公式オフィシャル・サイト
Musee de l’Orangerie 日本語ページも有り

オランジュリー美術館の詳細地図

IMG_1416
IMG_1416 / ChodHound
IMG_1458
IMG_1458 / ChodHound
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク